2017年02月08日

お笑いの小峠が、今、引っ張りだこらしい

こういう男は、姓名の社会・援助運を観れば
その理由がすく分かる^^

彼の場合、大吉数で支配されておる^^。

彼の話ぶりを聞いていると、頭の回転が速く
その上、物事の本質をつかむのが上手い。

AV女優になった彼女と別れた際の
この男の矜持が、男を挙げたのかもしれんなぁ。

しかし、ぼんくらの相方を、どう処理していいか
悩んでおったが、そろそろ、時期かもしれんなぁ 
 
小峠は、彼の遺伝子に人を楽しませる才が
組み込まれておるみたいじゃから、その才能が
花開いただけか?^^ 

ただ、姓名のバランスから、社会的に成功すれば
家庭運は落ち込む、、、家庭の崩壊を意味する

それと、この男も、前述で記した女子と同じで、
天地人三才の調和が良くないのでくれぐれも
注意を要す。

病気には注意をいたせ、健康診断は必ず受けよ 
ちょっとの怪我でも、油断するな!

危険な場所にも注意!
 
自分を守るのは、結局、自分だけ、、 
 
 
 
posted by 天然仙人! at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 天然仙人の気まま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この女の子の詳しい情報はしらんが、、

人気女性アイドルグループ「私立恵比寿中学」の松野〇奈さんが8日、
亡くなったことが分かったらしい。
18歳。病死とみられる。・・・』(スポニチアネックス

松野莉奈さん急死

姓名学の立場から検証すると、原因は3つ以上あると思われる。

まあ、2つぐらいまでじゃったら、死に至る危険性は少ないが、、
3つ以上あれば年齢に関係なく、若くして召されてしまう危険性が
高くなる。

・一つ目は、天地人三才の調和(天格と主格)が良くなかったこと
・危険な数理の同格が多かったこと
・陰陽の配置が中縛りであったこと
・音韻五行のバランスが悪かったこと

この4つが大きく影響したと思われる。

これだけあれば、いつ召されても仕方がないと感じる。

華やかな世界に身を置けたのは、天の采配か、、
才能があったと感じる分、惜しいの〜^^
 
 
posted by 天然仙人! at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 天然仙人の気まま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

こんな記事を見つけた^^

「無限の努力」を傾ける

魂の声に従うと、競争相手がいなくなる。
本気で自分の能力を発揮すれば、その人の仕事は、
他の誰とも違ったものになってくるからだ。
(精神の法則 Spiritual Laws)

天職を見つけ、その道を突き進む人は、仕事に「無限の努力」を
傾けるようになるもの。
そのため、やがてライバルといえる存在がいなくなるものだと
いいます。
帰そうとしたら、それは自分自身のみだということ。
すると、その人の仕事は、他の誰にも真似のできないものになる
というわけです。
なお著者によれば、このような人の特徴を細かくあげると、
次のようになるそうです。

1. 自らを信じることができる
2. 感情が乱れてもすぐに落ち着く。切り替えが早い
3. 「なんとなく」「たぶん」という言葉を使わない
4. 必要なことはすぐに自分で探しに行く。必要なものは
すぐに自分から取りに行く
5. 相手の気持ちがわかり、相手をタイミングよくサポートできる
6. 複数の仕事を一気にこなせる
7. 具体的なアイデアがすぐに浮かび、それをすぐに行動に移す
8. 簡単にあきらめない。辛い状況でも耐えられる

だそうである。

勇気を出せ!

勇気を捨てることは、すべてを捨てることだ。

分かっているのか?
 
 
 
 
posted by 天然仙人! at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 天然仙人の気まま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

仮の名?><、、

こんな記事を見つけた><

わしゃ、反対じゃの〜、、、

『妊娠中におなかの赤ちゃんに呼びかけたくても、まだ性別がわからないと名前をつけにくいもの。

そこで、いわゆる「胎児ネーム」をつけて呼びかけるママが増えています。

みんなはどんな「胎児ネーム」をつけたのでしょうか? 

実際に胎児ネームをつけたママにその名前の由来やエピソードを調査しました。

■ママたちの変わらぬ愛がこもった胎児ネーム

ママたちに話を聞いたところ、「ちびちゃん」と「ベビちゃん」と呼びかけていたという声が
とても多かったです。小さい子に呼びかける定番ネームでもありますね。

<「ちびちゃん」派>

・「妊娠が発覚したときに見たエコー写真がとても小さくて。
そのまま『ちびちゃん』と呼んでいました。いまでもたまにこう呼んでしまうときがあります」(30歳・1歳児のママ)

・「『おちびちゃん』という響きがかわいいから」(35歳・6ヶ月児のママ)

<「ベビちゃん」派>

・「『赤ちゃん』じゃ他人っぽい感じだし、『ベビちゃん』と呼びかける方が愛着がわいたから」(39歳・3歳児のママ)

・「友だちが妊娠中にSNSで『ベビちゃん』と呼んでいて、気がついたら自分もこう呼んでいました」(32歳・7ヶ月児のママ)

エコー写真で見る赤ちゃんは、本当に小さくて、愛しいものです。
「ちびちゃん」も「ベビちゃん」も定番であるからこそ、自然と呼びかけやすく
ママから子どもへの不変の愛がこもっているのかもしれませんね。

■パパも呼びかけやすい胎児ネーム

なんとなく気がついたら呼びかけていた名前をそのまま胎児ネームと
したというママや、夫の名前から一文字とってつけたというママも。

・「『ぴーちゃん』という胎児ネームをつけていました。とくに意味はなく
つけたのですが、すごく呼びやすかったので、名前をつけたことでひんぱんに
おなかに話しかけるようになりました」(36歳・小学1年生のママ)

・「『まーちゃん』って呼んでいました。『あー』と伸ばす音は言いやすいし、
優しい感じの音で呼びかけるときに自分もほっこりしました」(41歳・6歳児のママ)

・「旦那の名前から一文字とって『たっちゃん』。旦那も親近感がわいたのか、
積極的に呼びかけてくれるようになりました」(31歳・小学3年生のママ)

「赤ちゃん」とはなかなか呼びづらいパパ。だからこそ胎児ネームを
パパと共有することで、父親としての自覚が芽生えやすくなるかもしれませんね。

ママも「今日、〇〇ちゃんがねー」とおなかの赤ちゃんの状況を話すことが
楽しくなりそうです。

■将来像を期待する胎児ネーム

「こんな子に育ってほしい!」という願望が胎児ネームに込められることも
あるようです。

・「嵐の櫻井翔君が好きなので『しょう』。彼みたく賢くてかっこいい子に
育ってほしいなと思って…。
あわよくばジャニーズに入ってくれないかな、なんて考えるだけで
楽しくなりました」(40歳・5歳児のママ)

・「男の子だとわかってからは『王子』と呼んでいました。
電車でうっかり呼んでしまったときは、恥ずかしかったですけどね」(33歳・5歳児のママ)

・「羽生結弦選手の愛称『ゆづ』をいただいて…。実際の子どもにも
同じ名前にしたかったけれど、字画があわなかったので、
せめて胎児ネームだけでも呼ばせて!」(29歳・2歳児のママ)

有名人の名前から名づけるケースは、夫が嫉妬しないかがちょっと
気になるところですね。
でも実際の名前ではつけられないからこそ、この特別な期間だけ呼んでみたいと
いうママの気持ちもわかります。

■胎児ネームをつけなかったママたちの意見

胎児ネームをつけなかったママたちにも理由を聞いたら、
次のような回答をもらいました。

・「生まれてからの名前と混乱したら困るから」

・「まわりからマタニティハイって思われそうで、恥ずかしくなってしまって」

・「胎児ネームに愛着がわきすぎて、実際の名前を考えることが
できなくなってしまいそうだったから」

胎児ネームで呼ぶのか呼ばないのかは、もちろん自由。
でも妊娠中という大変な時期を
ママが乗り越えるためのひとつの工夫とも思えます。

体調がすぐれないとき、出産に不安を感じたとき、ママになれるか
自信がなくなったときなど、胎児ネームで呼びかけることで、
ママの気持ちが少しは楽になることもあるかもしれませんね。』
エキサイト

お腹の子は、本当の自分の名か如何か、判断できない、、

名前次第では、成長ホルモンバランスが崩れて、発育不全にもなりかねない。

それだけ、姓名の霊道は強いのじゃ><

 
 
 
 
posted by 天然仙人! at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 天然仙人の気まま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

直ぐに名前を変えよ!

こういう名を命名するから、このような病気に犯されるのじゃ><

『手や足に木の皮のような巨大なイボが生じるために「ツリーマン(樹木男)症候群」とも
呼ばれる非常にまれな皮膚病を、バングラデシュの少女が女性として
初めて発症した可能性があることがわかった。

少女の症状の調査を担当している医師らが1月31日、明らかにした。

サハナ・カトゥン(Sahana Khatun)さん(10)の顎、耳、鼻には、
節くれ立ったイボができており、ダッカ医科大学病院(Dhaka Medical College Hospital)の
医師らは、カトゥンさんの症状が「疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症」と診断できるのかどうか、
現在調査を進めている。

同病院の形成外科部門に所属するサマンタ・ラール・セン(Samanta Lal Sen)氏によると、
この病気は世界でも数人しか診断例がなく、またこれまで女性での発症例は
確認されていないため、カトゥンさんは「女性として初めての症例だと思われる」という。

同国北部の村で暮らす父親のムハンマド・シャージャハン(Mohammad Shahjahan)さんによると、
イボが現れ始めたのはおよそ4か月前で、当初はそれほど心配もしていなかったという。

しかし、その後イボが急速に大きくなったため、娘を首都ダッカ(Dhaka)へ
連れてきたとしている。

シャージャハンさんはAFPの取材に対し、「私たちは貧しく、娘は6歳の時に母親を失った」
と明かし、また「医師が娘の美しい顔からイボを取り除いてくれるよう、
心から願っている」と語った。

カトゥンさんを担当する医師の一人は、彼女の症状は比較的軽度とみられるため、
一層の進行がみられた他の症例よりも回復は早いのではないかと述べている。
1月30日撮影。』AFPBB News
 
 
これは紛れもなく、親の命名の霊障であることは間違いない。

姓名を変えない限り、こういう奇病に悩まされる生涯になるであろう。

ワシも、子供のころ、誰も読めないような名を命名されて、変な病気に
悩まされた><
 
早急にいたせ!
 
 
 




posted by 天然仙人! at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 天然仙人の気まま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気blogランキング
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
占いランキング(血液型)
占いランキング(星座)
提供元:みんなの電話占い
今日の運勢(血液型)
提供元:みんなの電話占い
今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い